パソコンが遅いと思ったら・・・原因の特定と応急処置[windows10]

パソコンが遅い!!とにかくおそい!!もういやっつ

パソコンの起動が遅い、ホームページの表示が遅い、ゲームやアプリケーションの動きが遅い、イライラさせれます。


何がパソコンを遅くしているのか

まずは、タスクマネージャーでどこが遅くしているのか知ることから始めましょう。


タスクマネージャーの起動方法

タスクマネージャーは、

CtrlキーとShiftキーとEscキーの3つを同時に押す

と簡単に表示できます。


タスクマネージャーの見かた

タスクマネージャーが表示されたら、迷わず[パフォーマンス]タブをクリックします。
見た瞬間に拒否反応を起こす人は深く考えてはいけません。


グラフがMAXになっている項目が原因

グラフがMAXになっているところが、パソコンを遅くしている原因です。CPU,メモリ、ディスク、各項目ごとに考えられる可能性を探ってみましょう。

この画像の状態では、CPUは21%で、メモリーは26%でまだ70%強の余裕があることがグラフから読み取れます。

ディスク0が91%です。

パソコンはいま、ディスクが原因で遅くなっている事がグラフから読み取れます。


原因が特定できれば

①処理完了まで待つ、②原因ソフトを停止させる、③パソコンを改造

この3つ方法が効果的ですが、ややレベルが上がってきます。


手っ取り早くパソコンを早く動かす方法

一番簡単で、おススメしている方法を紹介します。

  1. PCの電源を入れる。
  2. 5分ほど放置。
    (PC本体のLEDの点滅速度が遅くなるまで待つ)
  3. ログイン
  4. タスクマネージャーを起動
  5. 全てのグラフが0%になるまで放置
    (PCにより異なるが、2~10分)

これだと、朝に会社に出勤してコーヒーを淹れている間にできてしまうのではないでしょうか?

私も、会社に着いたらまずPCの電源をいれ、カギを開けたりFAXをチェックしてからログインし、朝ごはんを食べながらコーヒーを飲み終えてから仕事にはいります。タスクマネージャーのグラフが0%が仕事の合図です。

なお、あるていど高性能なPCだと意味はありません。


なんの意味があるのか

PCが起動してすぐに様々な演算処理が行われます。

一般に私たちが使用するソフトはSystem Service Dispatcherを経由してntdll.dllがシステムプロセス、サービス、アプリケーションの3つが動きます。

PCの電電をONにした直後はこの3つがまだ起動中なのに、割り込みで自分の必要なソフトを起動させることになり、効率が悪化します。

そば屋で開店準備中に、1人前のためだけに、湯を沸かし、汁を用意し、薬味を調理しているようなもの。

しっかりと準備させてやり、すぐに使用できるようにしたほうが早いわけです。

さらに低スペックPCの場合、Windows updateのバックグラン処理からも解放されます。

全てが全てに当てはまりませんが、ぜひお試しください。

コメントを残す